2014年10月11日

キャッシングについて

友人と話していてキャッシングの話題がでたので、それについて書いてみます。

消費者金融業者の融資審査で何よりも分析されるのは、その人の「支払う力」なのです。

「揺れが少なく継続的な年収を持つか」これが要点となります。

無職で年収がゼロの人が審査を通過することは基本的にないでしょうが、事情により企業を休職している人の審査に関しても触れさせて頂きます。

一般的に、休職中だと審査を通過する見込みは恐ろしく減ると考えます。

職務復帰の目処がついていないときはとても絶望的と言えます。

ただ、給与支払いは続いている、別な収入が確認できる、パートナーに稼ぎがあるなど、ケース次第ですが審査に通る可能性もゼロではないわけです。

休職中だとしても審査を通過するケースというのは休職者でも勤務先から給与は継続しているならばカードローン会社の審査に通過する可能性も無いわけではありません。

○割支給のケースも同様です。

ただ入会の際にきっちりと「休職者ということ」を連絡した方がいいです。

適当に黙っておくのはやめておいたほうが無難です。

なぜかと言えば、貸付審査の際は在籍チェックがされることになるからです。

在籍調査と呼ばれているのは、金融機関の担当部署が当人の勤務会社に電話連絡してその勤め先に申請通りに雇用されているか調べるプロセスです。

調査中に休職しているという真相が暴かれる可能性は相当にあるです。

沈黙していて後からばれる場合、相当に信用されなくなります。

勤務先から払われるお金とは別口で収入を確保しているときは、その収入を伝えれば審査をパスする可能性もゼロではないわけです。

しかし、源泉徴収票、所得を証明する書類、確定申告書など年所得の証拠となる書類の提示が強制となることを覚悟しましょう。

当たり前ですが、添付書類で証明不可能な収入は、どれほど額面が巨大でも不採用は避けられません。

賭博で手に入れたというような臨時的な収入は非承認です。

<br>≪独自審査≫株式会社アローのWEBキャッシング!
posted by 洋楽大好き at 12:34| Comment(0) | R&B | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。